読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

新潟大賞典('17)予想ーー今年も前が薄い組み合わせ

f:id:hakusanten:20170507014525j:plain

GW開催の新潟競馬場ではメインに「GⅢ新潟大賞典」が組まれ、NHKマイルカップと同じようにこちらも混戦模様のレース。

京都のメイン鞍馬ステークスともども、日曜日の3場のメインはそれぞれに難解でWIN5購入者泣かせの番組になっています。

NHKマイルカップだけでもオッズが相当に割れているのに、ハンデ戦の新潟大賞典なんて予想する前から「なんだよコレ〜!」と叫びたくなるほどにオッズが割れ模様のため、人気薄の馬がいつも以上に売れています。

こんな時に、スコーンと人気同士で決着という筋書きも十分考えられるので、予想するのも難しいですね。

 

土曜日の新潟競馬場は雨が降り重馬場に

新潟競馬場は午前から雨が降り続け、最終レースまで重馬場のままでした。春の新潟開催はもともと芝の育成が遅く夏よりも時計のかかる馬場になります。それに加えて雨が降ったので、日曜日にどれほど時計がかかっているかは注意が必要。

明日は天気も回復して晴れ間も出る予報のため、新潟大賞典の発走時には馬場もいくらか回復しているとは思います。ただ、回復したとしても上り33秒台のレースにはならないので、直線が長いからと言って後方からバキューンと追い込むような馬は割引。

 

前に行く馬が薄いメンバー

今年の新潟大賞典はどの馬が逃げるのか予想がつかない出走メンバーになりました。馬場を考えてもスローの上り勝負にはならないので、逃げ・先行勢の好走には注意を払いたいところです。

スタートが決まれば内枠からマイネルフロストがじわっとハナを主張し、直後の先行勢は混戦になりそうです。

人気馬の中ではジュンヴァルカン、メートルダールともに好位から中団よりも前で競馬できるので、 位置取りの不安はありません。

 

予想

ここもNHKマイルカップと同じように、いくつかの条件でザックリと勝ち馬を探します。まずは検討する馬を少なくするために、ふるいにかける条件は以下の4点。

 

1. 前走はオープンからのローテーション

2. 6枠〜8枠の4番人気以下

3. 追い込み馬

4. 斤量が53kg以下の馬

 

これで7頭まで絞れたので、後は序列を考えます。

 

◎シャイニープリンス

内枠から先行することができ、56.5kgも昨年3着と同斤量。鞍上の津村騎手は昨年パッションダンスで先行して勝っており、スタートさえ決まれば自然と前目の位置につけるはずです。

やや時計のかかる馬場が最適で、34秒台後半の上りであればグイグイと差すことができます。

昨年と同じローテーションで臨む1戦、今年はそれほど手強い相手もおらず、重賞制覇のチャンス。

 

◯フルーキー

前走の金鯱賞の大敗は不安なものの、斤量が57.5kgで止まりであれば、今年も好走する可能性は大。

血統的には小回り・内回り1800mがぴったりですが、時計のかかる新潟大賞典であればパワーを活かしての先行粘りこみが期待できます。

和田騎手がNHKマイルカップに出走するプラチナヴォイスではなく、こちらに乗ってきたのも勝負気配を感じますし、ここは積極策が濃厚なのも心強いです。

パワーのある馬なので、土曜日の最終レースで穴を開けたホーリーシュラウドのように芝が荒れた内ラチ沿いをコースロスなく走っても伸びるはずで、重馬場というのもプラス。

7歳でもまだまだ衰えのないところを期待します。

 

▲ジュンヴァルカン

前走の日経賞はスタート後手で競馬になりませんでした。ハイレベルな1戦だった日経賞でも9着まで押し上げたように、この馬も十分に力をつけていることが分かります。

スタートさえ決まれば前目から競馬ができる馬で、それほど速い脚がなく上りがかかった方がよいタイプ。父ネオユニヴァース×母父アドマイヤムーンですから、おそらく道悪や重馬場は得意ですから、渋った馬場もOK。メートルダールよりも内枠に入ったので、藤岡康騎手が積極的に運べればチャンスは十分にあります。

 

△マイネルフロスト

展開としてはこの馬がハナへ。丹内騎手はそれほどペースを緩めない逃げに持ち込むことが多く、もしかすると離し逃げの形もあり得ます。

荒れた内の芝を避けて、各馬が外目へ出すところを重馬場を苦にしないこの馬が1頭だけコースロスなく最内を回って……というシーンも描けなくない……。

長い直線の新潟はコーナー機動力に優れたこの馬にとってプラスとは言えませんし、恵まれても3着な気がするものの展開面ではかなり有利。この人気なら印を回します。

 

△モズライジン

初芝、熊沢騎手が騎乗と厳しいことは分かっています。でもな〜、ストライドで走る馬なので、時計がかかって内ラチぴったりを回ればチャンスはあるのではないかと。かなりの人気薄なので、3着までに来てくれれば……。

それにしても、斤量の55kgというのは重い気もしますが……それだけハンデキャッパーに実力を認められたということで。

 

△ロンギングダンサー

この馬は、休み明け+新潟競馬場+ハンデ戦の時に好走歴があるので、3着候補として。陣営もコメントしているように、集中して走れるかどうかが鍵なので……。

 

△サンデーウィザード

ストライドで走る馬にも関わらず小回りにも対応できるのが不思議な馬。

人気なので、本来であれば嫌いたいものの、ここは石橋脩騎手が前付けしそうなので。

 

△勢は人気も薄いので、配当を跳ね上げる要員として期待します。

 

買い目

◎◯▲からの3連単と、◎からの馬単を。

 

3連単

1着:4. 8. 7

2着:4. 8. 7

3着:4. 8. 7. 6. 3. 9. 2

 

馬単

4→8. 7. 6. 3. 9. 2

 

皆様にとっても素晴らしいレースになりますように。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。