読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

阪急杯(2017年間)回顧 最内を突っ込むキングカメハメハ産駒

レース回顧

 

単勝1倍台のシュウジが馬群に沈み、3連単は200万超の高配当になりました。

 

阪急杯予想 

◎ミッキーラブソング

◯メドウラーク

▲ブラヴィッシモ

ロサギガンティア

△ダイシンサンダー

△ヒルノデイバロー

△ナガラオリオン

テイエムタイホー

 

hakusanten.hatenablog.jp

 

勝ったのは内の狭いところから抜けて来たトーキングドラム

トーキングドラム

キングカメハメハ

母トランシーフレーズ(父サンデーサイレンス)

厩舎:斎藤実(美浦)

db.netkeiba.com

 

トーキングドラムは切れるタイプではないので、内回りで上がりがかかる阪神の芝1400mが結果として向いていたのでしょう。前傾ラップになったことで、斬れ味勝負のレースにならなかったこともこの馬にとっては追い風で、ヒルノデイバローに並ばれたところでもうひと伸びという走り。

レース上がりが35.9ですから、Kingmamboのパワーが引き出された勝利だったと言えます。

レースタイムは1:21.4。

 

勝ちきれた要因

1. 前半が33.8で前傾のラップになった

2. 差しに回った各馬が直線で外に出した

3. 先行勢が4角手前からバテ始めた

 

ミッキーラブソングが早目の捲りでシュウジカオスモスを外から交わし、直線ではその内からヒルノデイバロー、外からナガラオリオンが伸び、最内を突いたのがトーキングドラム

カオスモスシュウジの手応えがなくなったところで、内ラチ沿いにスペースがあったのがトーキングドラムにとっては絶好の展開で、この上がりのかかる流れを外から捲った2着ヒルノデイバローも十分に力を見せています。

4着ブラヴィッシモはジリジリとは伸びていましたが、直線でスペースがなく追い出しを待たされたところもあって、これはぴゅっと切れる脚が使えないので仕方のないところ。

3着のナガラオリオンは大外枠だったこともあって道中はスムーズに追走していました。もともと阪神1400mの芝は前傾になりやすく上がりがかかることから、ダート馬でも走れることがあります。それにしても、ナガラオリオン鞍上の国分優騎手の馬群を割る捌きが見事でレースリプレイを見ると溜息が出てしまいますね。

 

ミッキーラブソングは6着

◎ミッキーラブソングは4角手前ですっと動き始め、直線では一瞬先頭の場面もありましたが、この前傾ラップであそこから動くと終いが甘くなるのは致し方なし。

ただ、勝ちに行ってのものですから、松若騎手の積極性は評価したいです。

 

シュウジは…

川田騎手が想定していたイメージよりもあまりにも速いスタートを見せたシュウジ

1400m戦ですから、下げる必要もなく自然と逃げ馬を追いかける形になりましたが、道中は気負った走りで4角で早々と手応えが怪しくなりました。

前走は重馬場に脚がとられたこともあって、かからずにスムーズな追走でしたが、気性的な難しさがシュウジには付きまとうのだなと改めて思わされましたね。

この後は高松宮記念ということになりそうですが、今走がガス抜きになって気負いが抜ければ…

 

ロサギガンティア

スタートが一息だったこともありますが、馬群に取り付くために脚を使ってしまったこと、前傾ラップを追いかけしまったことが敗因でしょうか。

 

まとめ

阪急杯の結果がそのまま高松宮記念につながるかはわかりませんが、阪神の芝1400mが特殊な条件であることは頭に入れた状態で、阪神Cや来年の阪急杯の予想に取り入れて行きたいと思った次第。