読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ファルコンS(2017年)回顧ーー高速決着を制したのはコウソクストレート

f:id:hakusanten:20170321211144j:plain

1200〜1600mに適性のある3歳馬16頭がスピードを競ったファルコンS(中京芝1400m)は、戸崎騎手のコウソクストレートが後方からの差し切り勝ちをおさめました。

コウソクストレートの勝ちタイム1:21.1はファルコンSが1400mの距離で施行されるようになって最速。これだけ速いタイムの決着でも先行馬が2、3着に粘っていることから、中京芝は少しずつ高速化しているのだと思います。

高松宮記念が行われる開催最終週は、A→Bへとコースが変更されるので、レースタイムと馬場傾向には注意が必要です。

 

 ファルコンSのレース内容

レジーナフォルテとメイソンジュニアが好スタートを切り、じわっという感じで前者がハナに立ちます。中京芝は3〜4角にかけて下り坂のため自然とスピードが出てしまうので、逃げ・先行馬勢は騎手が手綱を引き気味になだめての追走。

レジーナフォルテの作ったペースは前半34.0とほぼイーブンで、脚質に関わらず各馬が力を発揮できる流れでした。

逃げ馬を見る形で3、4番手のボンセルヴィーソが直線で馬場の真ん中にもち出すと手応え十分に先頭に立って後ろを引き離しにかかります。好位のインのポケットで我慢していたメイソンジュニアが馬群を割って内からジリジリと足を伸ばしてボンセルヴィーソに食い下がり、坂を駆け上がって残り200mの地点では抜け出した2頭で決まるかという態勢。しかし、後方から馬場の真ん中を伸びたコウソクストレートがキッチリと2頭を差し切って1着になりました。先行して粘ったボンセルヴィーソとメイソンジュニアがそれぞれ2着と3着に入線。

 

コウソクストレート

スプリンターだった母メジロアリスがCaroの3×3のクロスを持ち、この柔らかさを伝える血とヴィクトワールピサが掛け合わされて、コウソクストレートは短距離をしなやかに差す馬に出ました。

新馬→くるみ賞と連勝して臨んだ京王杯2歳ステークスは後方から脚を伸ばして4着。続くシンザン記念はインベタ馬場の外枠+道悪+折り合いに苦しみ14着と大敗しました。

前走の大敗が嫌われるかな、と思ったのですがここで3人気になるあたり、やはり今の競馬ファンの慧眼はすごいです…

ベストは1400mだと思いますが、距離適性が定まりきっていない3歳のこの時期であれば1600mもこなせるかもしれません。

速い時計の決着に対応したのはさすがですし、2、3着に先行馬が残っている中の差し切りですから、高いポテンシャルを見せた形になりました。

db.netkeiba.com

 

予想

マイネルバールマンは中団の外目で、勝ち馬のワンポジション前の位置取り。折り合いも十分で直線を向いたので弾けるかな?と思ったものの、ずるずると後退してしまいました。しなやかストライドで走る馬ですから、直線の長い中京でこの内容だと、今回は力負けですね。

 

◯ボンセルヴィーソと▲メイソンジュニアの2頭が直線で抜け出した時は、馬単が当たるかも!とドキドキしましたが、コウソクストレートの差し切りでは何も当たらずにハズレ。

チーン…

hakusanten.hatenablog.jp

3着に粘ったメイソンジュニアは1400mは若干長いかなと危惧していたものの、しなやかな走りの通りにこの距離への対応を見せました。今走は内枠を最大限に活かした競馬ができたのも大きく、さらに距離が1F延びるのはさすがにマイナスですが、折り合いさえつけば1400mはOKなので外回りや直線の長いコースの短距離戦では注意を払いたい1頭。

 

ナイトバナレット

ディープブリランテ産駒にしてはしなやかに走る馬なので、中京は適性として合っているはずなのに、今回も出遅れてしまい…ただ、ここまで負けるとは…と思わせる11着。

豪快に差し切ったジュニアCも4角を回る時にはフラフラしていて、後駆にパワーがつききってないのか気性的な問題なのか…ファルコンSも4角で捲り気味に外を上がって行きましたが、直線で追い出されるとフラフラと走っていました。

上りがかかった方がよいタイプなので、今回の速いタイムの決着はこの馬にとっては厳しかったかな、と思います。

 

その他の注目馬

小倉2歳ステークスの2着馬ダイイチターミナルが12番人気の低評価を覆す走りで4着に入線しました。

上り34.4で前に詰め寄ったのは驚きで、父コンデュイット×母ベルグチケット(母父ウイニングチケット)といういかにもパワー型の血統ですから、高速決着に対応できたのはこの馬のポテンシャルの高さを示しているのかもしれません。

 

まとめ

 毎年、混戦模様のファルコンSは、今年も見応えのあるゴール前での叩き合いになりました。

注目点としては、中京の芝が高速化していること、そして、内枠の先行馬がいくらか有利な馬場になっていることが挙げられます。

高松宮記念を次の日曜日に控えた中京の芝はじっくりと見極めなければなりませんね。

 

高速馬場でコソクストレートが勝ち上がったというのは出来過ぎた話のようですが…

 

以上、お読みいただきありがとうございました。