読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

中山記念(2017年)展望 どちらが準チャンピオンなのか?

アンビシャスとリアルスティール。 GⅠ級の能力をもつ2頭が2017年の中山記念で再び対戦します。 昨年はドゥラメンテ、アンビシャス、リアルスティールの1-2-3決着。

アーリントンC(2017年)予想 牝高牡低と言われる世代で

ペルシアンナイトは6枠8番に入り、外から被されるとしたら、スーパーモリオンとミラアイトーン、ヴゼットジョリーくらいで、ミルコがスタートで後手を踏まなければ極端に揉まれることはなさそうです。 シンザン記念勝ち馬のキョウヘイは3枠3番で、こちらは馬…

阪急杯(2017年)展望 インコースが大渋滞になると…

シュウジ(牡4歳 須貝厩舎)が圧倒的な人気を集めそうな今年の阪急杯(GⅢ 阪神芝1400m)。 GⅠ馬2頭が顔を揃えた昨年末の阪神C(阪神芝1400m)で、ミッキーアイルの逃げを目標に2番手から抜け出したイスラボニータを、パワーでねじ伏せたシュウジの走りは高いポテン…

エトルディーニュは精度の高いモノサシになるのか?

500万下でもオープンでも重賞でも、いつも勝ち馬と0.5秒差以内に善戦しているエトルディーニュ。 db.netkeiba.com

フェブラリーS(2017年)回顧 ベストパフォーマンスを出した戦士をねじ伏せたのは、4歳のゴールドアリュール産駒

勝ち馬はゴールドドリーム ニシケンモノノフとインカンテーションの逃げ争いで1000mの通過が59.0の流れを中団から馬群を割って猛然と伸びたベストウォーリアはGⅠを勝つのに相応しいパフォーマンスを見せましたが、外からクビ差ねじ伏せたのが4歳のゴールドア…

アーリントンC展望 ペルシアンナイトは外枠がお好き?

アイビーステークスでソウルスターリングの2着、続くこうやまき賞では4角から直線入口で先頭に並びかけて後続を突き放すという完勝劇を演じたペルシアンナイトは、シンザン記念で1番人気に支持されたものの、3着に敗退。 シンザン記念でペルシアンナイトに騎…

牝高牡低の2017年クラシック戦線に、また楽しみな牝馬が登場 ファンディーナ

2017年のクラシック戦線は牡馬よりも牝馬のレベルが高いと言われています。 ざっとクラシック戦線で活躍が期待できる馬を挙げてみるとーー ソウルスターリング(阪神JF1着) リスグラシュー(阪神JF2着 アルテミスS1着) アドマイヤミヤビ(デイリー杯クイーンC1…

フェブラリーS展望(2017年) マイル戦はペースが大切

フェブラリーステークスGⅠ 東京のダート1600mで争われるフェブラリーステークスはGⅠということもあって、さまざまな距離やコース(中央にはだけではなく地方交流も含めて)を走ってきた馬たちが集まります。1200〜1600mに距離の適正があるスプリンターから、16…