読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ファルコンS(2017年)回顧ーー高速決着を制したのはコウソクストレート

1200〜1600mに適性のある3歳馬16頭がスピードを競ったファルコンS(中京芝1400m)は、戸崎騎手のコウソクストレートが後方からの差し切り勝ちをおさめました。 コウソクストレートの勝ちタイム1:21.1はファルコンSが1400mの距離で施行されるようになって最速。…

すべてにおいてハイレベルな名牝の走りーーフラワーC(2017年)回顧

フラワーCのスタートが切られ、武豊騎手のドロウアカードが1コーナーに入るあたりで先手を取り切り、そのすぐ外のポジションにしなやかかつ力強く走るファンディーナが取りついた時に勝負はほぼ決まりました。 いくらか気負ったファンディーナの道中の走りを…

適距離ではなくても2000mのスピードで圧倒するーー阪神大賞典(2017年)回顧

サトノダイヤモンドが阪神大賞典を快勝してから一夜明け、JRAの3日間開催も滞りなく終わりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 配当面では多くの人が「安っ!」と叫んでいたであろう阪神大賞典ですが、人気の2頭がお互いの力を出し切って直線で…

スプリングS(2017年)回顧ーー松岡正海は姉の背中も知っているから

皐月賞トライアルのスプリングSは、朝日杯FSの勝ち馬サトノアレス、500万下を好内容で勝ち上がったアウトライアーズ、ウインブライト、トリコロールブルーの3頭が人気を集めました。 1着でゴールを駆け抜けたのは、後方から大外を鮮やかに捲った松岡正海騎手…

美しいピッチ、美しい捲りーー中山牝馬S(2017年)回顧

トーセンビクトリーが3〜4角の内を抜群の手応えでするすると上がっていくのを観て、「やっぱり、中山のコーナーを上手く回るのはトゥザ兄弟と一緒だなぁ」と思ったのでした。 トゥザ兄弟とトーセンビクトリー トゥザグローリー=トゥザワールド=トーセンビ…

ルージュバックに蓋をしたのはやっぱり田辺…ーー金鯱賞(2017年間)回顧

金鯱賞のスタートが切られた時、戸崎騎手が今までにないくらいのアクションで◎ルージュバックを前へ出して行ったのを観て、「さすが!」と思ったのも束の間、才女が外に出さないようにぴったりと蓋をしたのは田辺騎手でした。 戸崎騎手としては1角を回るまで…

内回りをパワーで大外一気にーーフィリーズレビュー(2017年)回顧

桜花賞トライアルのフィリーズレビューは、カラクレナイが大外を突き抜けてレーヌミノルを差し切って1着。桜花賞への優先出走権を手にしました。勝ちタイムの1:21.0は出色。 2着のレーヌミノルは中団の外目からひと捲りで先頭に立つ競馬で、追い出しのタイミ…

サイレントウィットネスのような先行でーーオーシャンS(2017年)回顧

3/4の中山競馬場では1着馬に高松宮記念GⅠの優先出走権が与えられるオーシャンスSGⅢが行われ、1番人気に支持された戸崎騎手が鞍上の5歳牝馬◎メラグラーナが直線で馬場の真ん中を抜け出して快勝しました。 勝ちタイムは1:08.3(33.6 - 34.7)。 1着メラグラーナ…

これほどのスローだと本当の強さは分からないーー弥生賞(2017年)回顧

皐月賞トライアルの弥生賞(GⅢ)が中山競馬場で行われ、1番人気に支持された福永騎手のカデナが4角で大外に膨れながらも直線でストライドを伸ばして1着。 タイムは2:03.2。 db.netkeiba.com

阪神マイルを1:33.2で走破するドイツ娘 チューリップ賞(2017年)回顧

2017年のチューリップ賞はソウルスターリングが5番手から直線で抜け出して、1:33.2の勝利。 父Frankel×母父Monsun(ドイツ血脈)の欧州血統が1分33秒台前半のタイムを楽々とマークしたのですから、脱帽です。 1600mを前後半に分けると、46.8 - 46.4のほぼイー…

競馬は「きれいに折り合うこと」を競っているわけではないのに… 中山記念(2017年)回顧

田辺騎手は「どうすれば人気馬を負かせるか?」を考えて騎乗するタイプで、1角過ぎでローエングリンが先手を取り切った時に急激にペースを落としました。 「田辺スロー」とも言われる極端に遅いペースに落とせば、折り合いの難しいネオリアリズムやアンビシ…

阪急杯(2017年間)回顧 最内を突っ込むキングカメハメハ産駒

単勝1倍台のシュウジが馬群に沈み、3連単は200万超の高配当になりました。 阪急杯予想 ◎ミッキーラブソング ◯メドウラーク ▲ブラヴィッシモ △ロサギガンティア △ダイシンサンダー △ヒルノデイバロー △ナガラオリオン △テイエムタイホー hakusanten.hatenablo…

フェブラリーS(2017年)回顧 ベストパフォーマンスを出した戦士をねじ伏せたのは、4歳のゴールドアリュール産駒

勝ち馬はゴールドドリーム ニシケンモノノフとインカンテーションの逃げ争いで1000mの通過が59.0の流れを中団から馬群を割って猛然と伸びたベストウォーリアはGⅠを勝つのに相応しいパフォーマンスを見せましたが、外からクビ差ねじ伏せたのが4歳のゴールドア…