読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ディープインパクト産駒の'17年の東京優駿(ダービー)

ディープインパクト産駒は既にダービーを3勝、'16年は1〜3着を独占するなど東京芝2400mへの適性の高さを示しています。 '17年は皐月賞馬のアルアイン、青葉賞勝ち馬のアドミラブル、池江寿調教師がその素質に惚れ込むサトノアーサー、弥生賞を勝ったカデナの…

'17年の東京優駿(ダービー)も皐月賞と同じ超高速馬場へ?

'17年の皐月賞はレースレコードの1:57.8が記録されたように好タイム決着になりました。開催最終週にも関わらず超高速の馬場が出現した中山競馬場。 ここ数年、JRAの馬場は開催が進むほど時計が速くなるという傾向があります。東京競馬場もダービーが行われる…

池江泰寿厩舎の'17年ダービー(東京優駿)ーー有力馬がスタンバイ

池江泰寿厩舎はダービー(東京優駿)へ毎年のように有力馬を送り込む関西の名門。3冠馬オルフェーヴルで'11年東京優駿を制しているダービー・トレーナーは、今年も有力馬を出走させます。昨年、管理馬のサトノダイヤモンドが2着と惜敗した池江寿厩舎は'17年…

音無厩舎はダービー('17年)3頭出しーーアドミラブルが中心?

「ディープインパクト産駒の最後の大物」と称されるアドミラブルが2:23.6の好タイムで青葉賞を制したことで、音無秀孝調教師は皐月賞3着のダンビュライト、きさらぎ賞勝ち馬のアメリカズカップと3頭の管理馬を'17年のダービーへ送り込みます。アドミラブルと…

美しく、そして大胆にソウルスターリングが第78回優駿牝馬(オークス)を戴冠

ため息が出るほどに美しいフォームで東京芝2400mを駆け抜けたぴかぴかの良血牝馬ソウルスターリングと、大胆かつ繊細な騎乗を見せたルメール騎手のコンビが第78回優駿牝馬(オークス)を制しました。藤沢和雄調教師はこれで節目の重賞100勝目を達成。 デビュ…

分かり合えているからこそ、美しく大胆にーーオークス('17)予想

第78回優駿牝馬(オークス)が5月21日に東京競馬場で行われます。 ハイレベルと言われる3歳牝馬の世代を引っ張る3頭、ソウルスターリング、リスグラシュー、アドマイヤミヤビがオークスに揃って出走。また、桜花賞馬のレーヌミノルもNHKマイルカップではなく…

平安にはおさまらない? 淀みのない平均ペースの平安S('17)予想

JRAのダートGⅠ競走は2月のフェブラリーSと12月のチャンピオンズCの2レース。フェブラリーSが終わるとダートの中距離路線を歩む馬はドバイWCや地方交流重賞などを目標に切り替えます。そのため、5月に行われる平安SはJRAのダート重賞アンタレスSやマーチSから…

ソウルスターリングーー競走馬として目指すオークス('17年)

欧州の名血・名競走馬フランケルと仏オークスを始めGⅠを6勝したスタセリタとの間に産まれたぴかぴかの良血馬ソウルスターリングは、桜花賞までの5戦のレースぶりから、すでに競走馬としてだけではなく繁殖牝馬としても評価が高まっています。 ソウルスターリ…

オークス('17年)はハービンジャー産駒が大攻勢?ーーモズカッチャン他

'17年の3歳世代は牡馬・牝馬ともにハービンジャー産駒の活躍が目立っています。皐月賞2着のペルシアンナイト、フローラSを勝ったモズカッチャンとクラシックを狙える馬が登場しただけではなく、すでに2勝以上を上げている馬も多いので質量ともに揃っていると…

ハーツクライ産駒はオークス>秋華賞?ーーアドマイヤミヤビとリスグラシュー

今年の3歳世代はハーツクライ産駒の当たり年と言われています。 クラシック1冠目の桜花賞2着リスグラシュー、クイーンCを好内容で勝ったアドマイヤミヤビ、共同通信杯を完勝したスワーヴリチャードなど牡牝馬ともにハーツクライ産駒の活躍馬が揃った'17年の3…

フローレスマジックとブラックスビーチーーオークス('17年)を狙うディープインパクト産駒

'17年の牝馬クラシック戦線はここまでフランケルとハーツクライ産駒が中心とされています。'15、'16年とオークスを連覇したディープインパクト産駒は、皐月賞に参戦したファンディーナ、エルフィンSを制したサロニカともに春の休養が発表され、大物と呼べる…

スローのヴィクトリアマイル('17)ーーキレ味鋭い2頭での決着

春の古馬牝馬チャンピオン決定戦、ヴィクトリアマイルは4歳馬のアドマイヤリードが馬群を割って伸びて1着。初重賞がGⅠ制覇と一気に頂点を極める快走を見せました。勝ちタイムは1:33.9(稍重)。 戦前の予想を通り、ソルヴェイグが内から好スタートを切り飛び…

栗東S、赤倉特別ーー予想

ヴィクトリアマイルの行われる5月14日は、東京、京都、新潟の3場所開催。 京都のメインはダート短距離のオープン競走「栗東S」、新潟のメインは芝1000万下の「赤倉特別」が組まれています。どちらのレースもハンデ戦でなかなかに難解です。 今回の記事ではWI…

馬場は重くなる?ーーヴィクトリアマイル('17年)予想

春の古馬牝馬チャンピオン決定戦ヴィクトリアマイルは5月14日、東京競馬場で行われます。 1番人気は前走マイル戦の渋った馬場で快勝した5歳のミッキークイーン。2、3番人気にもルージュバック、レッツゴードンキと'15年のクラシック路線を賑わせた馬たちが支…

ヴィクトリアマイル('17年)に挑むミッキークイーンは中距離馬

東京競馬場で行われる春の古馬牝馬チャンピオン決定戦、ヴィクトリアマイルにミッキークイーンが挑みます。 '15年オークスと秋華賞の2冠を制した中距離馬がマイルの舞台でGⅠ勝利をつかめるのでしょうか?

東京競馬場は馬場が高速化ーー今年もヴィクトリアマイルは高速馬場になる?!

GW開催の5月6、7日の東京競馬場はメインに3歳馬限定のレースが組まれ、土曜日のプリンシパルSは1:58.3のレースレコード、日曜日のNHKマイルカップは1:32.3の好タイム決着となり、馬場の高速化が目立った週となりました。 5月14日に行われる、春の古馬牝馬チ…

スプリント能力の高い2頭をピックアップーーヴィクトリアマイル('17年)

ヴィクトリアマイルはここ2年、1200〜1400mのオープンクラス競争で実績のある馬の好走が目立つレース。'15、'16年と連覇を果たしたストレイトガールはGⅠスプリンターズSの勝ち馬だったように、スプリント能力が問われるのがトレンドになっています。 東京の…

ヴィクトリアマイルはマイラーと中距離馬の争いが面白い!

春の古馬牝馬チャンピオンを決めるGⅠヴィクトリアマイルは、そのレース名の通り1600mで争われます。 秋の古馬牝馬のGⅠエリザベス女王杯は京都芝2200mで行われるため、1600m前後に適性のある牝馬にとっては春のヴィクトリアマイルが大きな目標になります。ま…

NHKマイルカップ('17年)回顧ーー1:32.3を余力十分に駆け抜ける牝馬

GWの最終日、心地よい風が吹きわたる東京競馬場では3歳マイル王を決める、NHKマイルカップが行われました。 桜花賞から参戦した牝馬が1、2番人気に支持された混戦模様のレースを制したのは、大外枠から抜群のスタートを切り直線も余力十分に抜け出したアエロ…

新潟大賞典('17)予想ーー今年も前が薄い組み合わせ

GW開催の新潟競馬場ではメインに「GⅢ新潟大賞典」が組まれ、NHKマイルカップと同じようにこちらも混戦模様のレース。 京都のメイン鞍馬ステークスともども、日曜日の3場のメインはそれぞれに難解でWIN5購入者泣かせの番組になっています。 NHKマイルカップだ…

NHKマイルカップ('17年)予想ーー混戦の3歳マイル路線

現3歳世代は、昨年から「牝馬のレベルが高く、牡馬は……」と言われていました。それを象徴するように、昨年の朝日杯FSはミスエルテが、今年の皐月賞にはファンディーナが参戦してそれぞれ1番人気に支持されたの記憶に新しいところです。 ミスエルテもファンデ…

エトルディーニュを倒してクラシックへーープリンシパルS(2017年)予想

GWの5月6日のJRA開催は日本ダービーに向けて、西では京都新聞杯、東ではプリンシパルSがメインレースとして組まれています。 今年のプリンシパルSは12頭と少頭数ながら関西の有力馬も参戦し、ダービーへ残されたわずかなチケットを目指して、白熱したレース…

「帯に短し襷に長し」なメンバーの京都新聞杯(2017年)予想

ダービー最終便と言われる京都新聞杯。同日の東京競馬場で行われるダービー・トライアル「プリンシパルS」にも力のある馬が出走するため、京都新聞杯は混戦模様になりました。 12頭と少頭数ながら、不安が先立つ馬がゴロゴロといて、「帯に短し襷に長し」と…

かしわ記念(2017年)+SPAT4ロト 予想

船橋競馬場で行われるJPNⅠかしわ記念は、フェブラリーSから望むJRA勢の取捨がポイントとなるレースです。 今年は(「も」と言ってもよいのですが)フリオーソのようなJRA勢と対等に戦える地方馬の参戦がないのはいくらか寂しくもあり……。6頭が参戦するJRA勢…

池江寿厩舎のダービー4頭出しはなるのか?ーー京都新聞杯(2017年)展望

池江寿厩舎は皐月賞が終わった時点で、アルアイン、ペルシアンナイトが日本ダービーへの優先出走権を獲得。そして獲得賞金によってサトノアーサーが出走をほぼ確定させています。すでにダービー3頭出しが濃厚な名門厩舎が、「ダービー最終便」と呼ばれる重賞…

NHKマイルカップ(2017年)ーー前哨戦から注目馬をピックアップ

東京競馬場は5月7日のNHKマイルカップから5週連続でGⅠレースが組まれ、もっとも華やかな開催となります。 3歳馬のマイル王を決めるNHKマイルカップ、今年は確たる中心馬が不在で混戦模様。牡馬と牝馬のレベル差が取りざたされた今年の3歳世代らしく、桜花賞…

かきつばた記念(2017年)予想ーー地方競馬三昧の一日に

いよいよGWに突入して、JRAは週末にGⅠのNHKマイルカップが、地方競馬ではJPNⅠかしわ記念が行われます。競馬が好きな人にとっては文字通りゴールデン・ウィークですね。 5月3日(祝)の今日は名古屋競馬場で地方交流重賞の「かきつばた記念」が、南関競馬は船…

アドミラブルが素質でぶっこ抜いた青葉賞(2017年)ーー回顧

「遅れてきた最後の大物」と形容される3歳牡馬のアドミラブルが、ダービー・トライアルの青葉賞を完勝し、競馬の祭典「東京優駿」へと向かいます。アドミラブルの計時した2:23.6はドゥラメンテが'15年のダービーと同タイム。混戦と言われる牡馬クラシック戦…

素晴らしき天皇賞・春(2017年)ーーHaloクロスを封じ込めたキタサンブラック

2強対決が注目を集めた'17年の天皇賞・春は、キタサンブラックが3:12.5のレコードタイムで勝利。 天皇賞・春の前に行われた特別戦の芝レースは2鞍組まれていて、8Rの鷹ヶ峰特別(芝1400m 1000万下)は最内枠から逃げたレッドリーガルが1:20.0の好タイムで押…

Haloクロスで京都の坂を下るーー天皇賞・春(2017年)予想

JRAの最長距離GⅠ天皇賞・春は、キタサンブラックが2枠3番、サトノダイヤモンドが8枠15番に入り、人気の2頭の明暗がはっきりと分かれました。 開催2週目に行われる天皇賞・春は芝の生え揃ったインコースを距離ロスなく走れる内枠が有利。枠順だけの比較で言え…

春光Sその他の特別戦予想ーー逃げて、逃げて、逃げまくれ!

4/29(土)の特別戦をまとめて予想。 東京、京都、新潟の3場開催で特別戦もなかなか面白いメンバーが揃った土曜日。お出かけ日和で、競馬場で観戦したくなる陽気に……。

青葉賞(2017年)予想ーー人気馬が揃ってピッチ走法だから、ストライドの馬を狙いたい

「クラシック路線の遅れてきた大物」と呼ばれるアドミラブルが鞍上にM・デムーロ騎手を迎え、ダービー・トライアルのGⅡ青葉賞に登場。 大物が人気に応えてダービーへの切符をつかむのか、それとも、伏兵の台頭があるのか、見応えのある1戦が東京競馬場を舞台…

天皇賞・春(2017年)ーサトノダイヤモンドの15番枠をどう捉えるか?

27日(木)、伝統のある長距離GⅠ天皇賞・春の枠順が確定し、2強と呼ばれるキタサンブラックとサトノダイヤモンドは明暗がはっきりと分かれる結果になりました。 キタサンブラックが2枠3番、サトノダイヤモンドが8枠15番と2強が内と外へ入り、「内枠有利」と…

青葉賞(2017年)ーーアドミラブルはピッチ走法だから、ストライドの馬を探そう!

競馬の祭典ダービー(東京優駿)のトライアルレース・青葉賞に「遅れてきた大物」と噂のアドミラブルが登場。混戦模様と言われる牡馬クラシック参戦に新たな有力馬が誕生するのでしょうか?

天皇賞・春(2017年)ーー2強に待った!をかけるのは?

サトノダイヤモンドとキタサンブラックの2頭が「現役最強馬」をかけて争う天皇賞・春は4月30日に発走。有馬記念以来となる2強の対決に注目が集まります。 サトノダイヤモンドはGⅡ阪神大賞典を、キタサンブラックはGⅠ大阪杯を完勝してこの大一番に挑むことか…

モズカッチャンはキレるハービンジャー産駒ーーフローラS(2017年)回顧

3着までにオークスの優先出走権が与えられるGⅡフローラSは、未勝利→500万下を連勝して臨んだモズカッチャンが直線内から鋭く伸び、前で粘るヤマカツグレースとフローレスマジックをまとめて差し切り1着でゴールしました。 道中2、3番手にいたヤマカツグレー…

イスラボニータのしなやかなイン差しーーマイラーズカップ(2017年)回顧

1着馬に安田記念への優先出走権が与えられるマイラーズカップは、大外枠から道中インに潜り込み直線で馬場の真ん中を伸びたイスラボニータが勝利しました。 2着には外目追走から差し脚を伸ばしたエアスピネル、3着には2番手から前で粘ったヤングマンパワーが…

フローラS(2017年)はイーブンな馬場でのレースにーー予想

春の東京開催は4月22日から開幕。東京の開催週のメイン競走はオークス・トライアルのフローラSが行われます。今年も牝馬にとってはハードと言える東京の芝2000mに18頭がゲートイン。 2連勝中のホウオウパフューム、アドマイヤミヤビやリスグラシューと言った…

開幕週だけど力の要る京都芝ーーマイラーズC(2017年)予想

春開催の京都は4月22日から開幕し、「いつものインベタ+高速馬場」かと思いきや、パワーのある馬が台頭する芝のコンディション。 開催前に路盤を柔らかくするエアレーション作業をしなかったことからも、京都の芝は前開催のパワーの要る馬場がそのまま続い…

福島牝馬S(2017年)は高速決着? それとも1分47秒台の決着になるのか? 予想

GⅠヴィクトリアマイルを目指す牝馬16頭が集まった福島牝馬Sは、出走メンバーを見ても混戦模様。ローカルの福島で行われる牝馬重賞とあって、過去3年は2桁人気馬が3着内に入る波乱の決着になっています。今年は順当に人気馬が好走を果たすのか? それとも人気…

'17年の皐月賞と'16年の高松宮記念を比較してーー高速馬場の造られ方

1:57.8のレースレコード決着になった'17年の皐月賞。一週前の開催では中山競馬場は土日ともに終日の雨となり、芝のコンディションは重馬場まで悪化しました。その影響がどれだけ残るのか心配の声もあった皐月賞ですが、蓋を開けてみればこの開催NO.1の高速馬…

中内田充正厩舎は好調なのか?ーー2017年、4月17日時点の解説

中内田厩舎は開業4年目となる2017年、年明けから好調なスタートを切ると一時は全国厩舎リーディングのトップに立つ活躍も見せました。 hakusanten.hatenablog.jp クラシックも始まり、注目のGⅠが目白押しの春競馬。名門厩舎が勝ち星を増やす時期だけに、中内…

フローラSで3歳牝馬の世代レベルが分かっちゃう?ーー今年は本当にハイレベルなのか?

桜花賞が終わり、3歳牝馬クラシックはいよいよオークスへ。 東京競馬場の春開催、開幕週にはオークストライアルのフローラSが組まれています。フローラSの行われる東京の芝2000mは3歳牝馬にとってはハードなコースですが、例年、力のある馬たちが集まり多頭…

池江泰寿厩舎はダービー(2017年)に3頭がスタンバイ!ーー主役はどの馬に?!

2017年、牡馬クラシック1冠目の皐月賞は1:57.8のレースレコードでアルアインが1着、ペルシアンナイトが2着に入線し、「池江寿丼」という結果になりました。 池江寿厩舎はきさらぎ賞と毎日杯でともに2着に入線したサトノアーサーもダービーに直行することが決…

1:57.8のレースレコードになった皐月賞(2017年)回顧

クラシック1冠目のGⅠ皐月賞は時計の速い芝で行われ、池江寿厩舎のアルアインが直線で馬群を割って伸び、内で粘るペルシアンナイトを差し切りました。勝ちタイムは1:57.8のレースレコード。鞍上の松山弘平騎手はGⅠ初制覇となりました。 中山芝の高速化 皐月賞…

福島芝も高速化?ーー福島民放杯(2017年)予想

皐月賞の裏開催、福島競馬場のメインレースはハンデ戦の福島民放杯(オープン、芝2000m)がフルゲート16頭で行われます。メンバーを見渡しても目がくらむくらいの大混戦。 WIN5としてはこのレースと皐月賞が鬼門になるのでしょうね。

ディープインパクト産駒風味の高速馬場へ!?ーー皐月賞(2017年)予想

牡馬クラシックの1冠目GⅠ皐月賞は中山開催の最終週に行われます。春開催の中山は内側の芝の傷みが目立つコンディションがデフォルトでしたが、'14年の路盤改修によって排水性(水はけのよさ)が向上し、馬場が荒れにくくなりました。 路盤改修後に行われた'1…

ダートの名繁殖の血が騒ぐアンタレスS(2017年)予想ーーグレンツェントを負かすのは?

ユニコーンS3着、レパードS1着と昨年の3歳ダート路線の主要な重賞で好走したグレンツェントがアンタレスS(GⅢ)に出走します。年明け初戦となった東海S、重賞としてはかなりスローなペースを直線で差し切った脚からも、他馬とは力が違ったという内容での勝利…

どの馬の捲りがもっとも速いのか?ーー皐月賞(2017年)展望

牡馬クラシックの第1冠「皐月賞」は18頭がエントリー。69年ぶりに牝馬による皐月賞制覇を目指すファンディーナ、2歳牡馬チャンピオンのサトノアレス、京都2歳Sと弥生賞を勝ったカデナ、共同通信杯勝ちのスワーヴリチャードなど重賞勝馬10頭が顔を揃える楽し…

ディープインパクト産駒は皐月賞が苦手? それとも…皐月賞(2017年)展望

皐月賞と菊花賞はクラシックのなかでディープインパクト産駒がなかなか勝つことができなかったレースでした。その流れを2016年に打ち破ったのが、皐月賞馬のディーマジェスティと菊花賞馬のサトノダイヤモンド。この2頭の活躍により、ディープインパクトは種…