読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ハイレベル世代の4歳馬4頭が激突するマーチS(2017年)予想

フェブラリーSを制覇し、ドバイワールドカップに出走するゴールドドリーム、東海Sを勝ったグレンツェントを見てもわかるように、4歳馬のダート路線はハイレベル世代と言われています。 中山競馬場のダート1800mで行われる今年のマーチSには4頭の4歳馬がスタ…

天気も馬場もペースも読めない高松宮記念記念(2017年) 予想

中京競馬場の3月26日の天気は雨模様。出走メンバーを見ても混戦模様。逃げるのはどの馬なのかも分かりにくく、ペースも乱戦模様。 予想をする上で読みにく要素は 予想をする上で読みにくい要素は3つあります。 1. 雨が降った時の馬場はどうなるのか? 2. ど…

中山捲りNO.1決定戦、でもそこに立ちはだかるのはーー日経賞(2017年)予想

日経賞の出馬表を見れば、人気馬の多くが5〜8枠に固まり、内枠に入ったのはディーマジェスティくらいでしょうか。 ゴールドアクター、シャケトラ、ディーマジェスティ、ツクバアズマオーの強みは3〜4角での捲り脚なので、道中のポジション取りがそれぞれ違っ…

Robertoが捲る、ステイゴールドがパワーで走る日経賞(2017年) 展望

天皇賞・春のステップレースとなる日経賞は中山の2500mで施行されるGⅡ。 一昨年の有馬記念を制したゴールドアクター、昨年の皐月賞をレコードで快勝したディーマジェスティなどのGⅠ馬に人気が集まりそうです。 ゴールドアクターは先行馬、ディーマジェスティ…

Bコース変更で内枠と先行馬が有利になるのか?ーー高松宮記念(2017年)展望

4週連続のGⅠレース開催が、高松宮記念(中京芝1200m)から幕開けします。 手に汗握るスプリント戦ですが、昨年の覇者ビッグアーサーやシルクロードステークスを勝ったダンスディレクターの回避で、今年は人気の中心になる馬が不在の混戦模様。ロードカナロアが…

ファルコンS(2017年)回顧ーー高速決着を制したのはコウソクストレート

1200〜1600mに適性のある3歳馬16頭がスピードを競ったファルコンS(中京芝1400m)は、戸崎騎手のコウソクストレートが後方からの差し切り勝ちをおさめました。 コウソクストレートの勝ちタイム1:21.1はファルコンSが1400mの距離で施行されるようになって最速。…

すべてにおいてハイレベルな名牝の走りーーフラワーC(2017年)回顧

フラワーCのスタートが切られ、武豊騎手のドロウアカードが1コーナーに入るあたりで先手を取り切り、そのすぐ外のポジションにしなやかかつ力強く走るファンディーナが取りついた時に勝負はほぼ決まりました。 いくらか気負ったファンディーナの道中の走りを…

適距離ではなくても2000mのスピードで圧倒するーー阪神大賞典(2017年)回顧

サトノダイヤモンドが阪神大賞典を快勝してから一夜明け、JRAの3日間開催も滞りなく終わりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 配当面では多くの人が「安っ!」と叫んでいたであろう阪神大賞典ですが、人気の2頭がお互いの力を出し切って直線で…

スプリングS(2017年)回顧ーー松岡正海は姉の背中も知っているから

皐月賞トライアルのスプリングSは、朝日杯FSの勝ち馬サトノアレス、500万下を好内容で勝ち上がったアウトライアーズ、ウインブライト、トリコロールブルーの3頭が人気を集めました。 1着でゴールを駆け抜けたのは、後方から大外を鮮やかに捲った松岡正海騎手…

WIN5(3/20)をずんどば! 少頭数は本当に難しい…

WN5をずんどばで当てられるように、張り切って予想していきます! 対象レースを見ると、頭数の少ない中山10Rと頭数の多い中京10Rが難解で鬼門になりそうですね。 対象レース 中山9R 鎌ヶ谷特別(芝1600m 4歳上1000万下)ハンデ 中京10R 小牧特別(芝2000m 4…

大物牝馬ファンディーナが登場ーーフラワーC(2017年)予想

ソウルスターリング、アドマイヤミヤビなどのハイレベルな牝馬が出走を予定している今年のGⅠ桜花賞。 フラワーCはクラシック戦線に新しく名乗りを挙げる馬が現れるのかに注目が集まるレースです。 今年のフラワーCは「最後の大物」とメディアでも広く取り上…

ジリ脚を尻目に粘り込め!ーー但馬ステークス(2017年)予想

3/19(日)のWIN5の対象レースにもなっている阪神10Rの但馬ステークスは、有力馬にジリ脚のタイプが揃いました。 阪神の芝内回り2000mは最後の直線が短く、ゴール前で急坂が待ち構えていることから、後半3Fの上りがかかりやすいコースです。また、コーナーで…

WIN5(3/19)をずんどば! Mデムーロをどうするか?

WIN5をずんどばで当てられるように、張り切って予想していきます! 対象レースを見ると、おそらく阪神と中山の10Rがハンデ戦で鬼門かな、と。 絶好調なだけにMデムーロ騎手はどうしても単勝が売れてしまいますが、ここを外すかどうかがとても悩ましいです… …

またサトノダイヤモンドの走りを見ることができるーー阪神大賞典(2017年)予想

2017年、サトノダイヤモンドの始動戦として選ばれたのは阪神大賞典。 菊花賞と有馬記念を連勝して「現役最強馬」とも称されるサトノダイヤモンドの始動戦は、結果だけではなく「どのようなレースをするのか?」という内容も問われることになりそうです。 hak…

捲り3銃士ーースプリングS(2017年)予想

共同通信杯、弥生賞、若葉ステークスと皐月賞の主要なステップレースが終わっても、「今年の3歳牡馬は強い馬が…」というムードが漂っています。 3着までにGⅠ皐月賞への優先出走権が与えられるスプリングS。2017年の牡馬クラシックの主役を担える馬が現れるで…

どれだけタイムが速くなるのか? それが問題ーーファルコンステークス(2017年)予想

ファルコンSを予想する上で、今週の中京芝はどれだけ速いタイムが出るのかも注目で、芝のレースで当日の傾向を掴みたいところです。 ですが、芝は未勝利戦が2Rと500万下の牝馬限定戦が1Rと、参考に出来るのかは不透明… ただ、3/12(日)のトリトンステークス…

捲りが最も速いのは?ーー若葉ステークス(2017年)予想

阪神の芝2000m内回りで行われる若葉ステークス(OP)は、2着馬までにGⅠ皐月賞の優先出走権が与えらるトライアルレース。 阪神の芝内回りコース 若葉ステークスが施行される阪神芝内回りは簡単に言えば「急坂+小回り+上りがかかる」コース。 小回りで直線が短…

カプチーノが香るマイネルバールマンとジョーストリクトリーーファルコンS

GⅢファルコンS(3歳限定)は中京芝1400mで行われ、3歳マイルGⅠ「NHKマイルカップ」へとつながるプレステップレースの1つ。 2012年に中京競馬場のコース改修に伴い、ファルコンSは1200m→1400mと施行距離が延長されました。13年の覇者インパルスヒーローがNHKマ…

サンティールがフラワーCで好走する可能性について

「ハイレベル」な今年の3歳牝馬のなかで、最後の大物と呼ばれるファンディーナが出走するフラワーC。 フラワーCはファンディーナをはじめ、中京2歳ステークスの勝ち馬で阪神JF4着のディーパワンサ、新馬→500万下を2戦2勝のデアレガーロなどの注目馬も出走が…

美しさに耐えられない素軽さーーサトノダイヤモンド

サトノダイヤモンドのレースをリアルタイムで観たのは、2015年の有馬記念前日、阪神7Rの2歳500万下だった。 セレクトセールで高値で取引された馬だったことと平場戦での出走ということもあり、新馬戦を勝ったばかりで挑んだサトノダイヤモンドは単勝1.2倍の…

中京競馬場の芝が「また」高速化?! 2017年2回開催

2017年3月12日の中京メインとして行われたトリトンS(芝1400m 4歳上1600万下)は、2番人気のトーセンデュークが1着、1番人気のビップライブリーが2着に入る人気同士の決着になりました。配当面では平穏な結果になりましたが、驚いたのは1:19.6という勝ちタイ…

美しいピッチ、美しい捲りーー中山牝馬S(2017年)回顧

トーセンビクトリーが3〜4角の内を抜群の手応えでするすると上がっていくのを観て、「やっぱり、中山のコーナーを上手く回るのはトゥザ兄弟と一緒だなぁ」と思ったのでした。 トゥザ兄弟とトーセンビクトリー トゥザグローリー=トゥザワールド=トーセンビ…

ルージュバックに蓋をしたのはやっぱり田辺…ーー金鯱賞(2017年間)回顧

金鯱賞のスタートが切られた時、戸崎騎手が今までにないくらいのアクションで◎ルージュバックを前へ出して行ったのを観て、「さすが!」と思ったのも束の間、才女が外に出さないようにぴったりと蓋をしたのは田辺騎手でした。 戸崎騎手としては1角を回るまで…

内回りをパワーで大外一気にーーフィリーズレビュー(2017年)回顧

桜花賞トライアルのフィリーズレビューは、カラクレナイが大外を突き抜けてレーヌミノルを差し切って1着。桜花賞への優先出走権を手にしました。勝ちタイムの1:21.0は出色。 2着のレーヌミノルは中団の外目からひと捲りで先頭に立つ競馬で、追い出しのタイミ…

WIN5(3/12)をずんどば! 横山典騎手の2連勝はあるのだろうか?…

WIN5をずんどばで当てられるように、張り切って予想していきます! 対象レースを見ると、おそらく「阪神10R」が鬼門かな、と。 1番最初のレースを外すのはイヤ、だけど点数を増やすのもイヤ…悩ましい。 対象レース 阪神10R 甲南ステークス(ダート2000m 1600…

スローをピッチ走法で駆け抜けろ!ーー中山牝馬S(2017年)予想

今年の中山牝馬Sは、プリメラアスール、トーセンビクトリー、シャルールのどれが逃げるにしろスローが濃厚です。 名手の2人がペースを握る トーセンビクトリーとシャルールの鞍上は武豊と横山典騎手。 トーセンビクトリーもシャルールも足の回転が速いピッチ…

阪神芝1400mは特殊な条件ーーGⅡフィリーズレビュー(2017年)予想

阪神芝1400mで行われる、桜花賞トライアルのGⅡフィリーズレビューは馬の能力もさることながら、コースの適性も重要なレースです。 フィリーズレビューは阪神芝1400m適性で決まる? フィリーズレビューが阪神芝1400mの適性で決まりやすい理由は2つあります。

ルージュバックなら1枠1番から美しく逃げ切ることもできるはずーーGⅡ金鯱賞(2017年)予想

ルージュバックが7、8枠に入った時は(3 - 2 - 0 - 1)で、外目をスムーズに走れるならアンビシャスを美しく差し切ることもできるのです。 ルージュバックは金鯱賞で1枠に入りました。 枠順を見た瞬間は、「あ〜…」と溜息が漏れて…JRAの出馬表のページを閉じそ…

スズカゼのフワリとした先行でーーアネモネS(2017年)予想

GⅠ桜花賞トライアルのアネモネステークスは2着までに優先出走権が与えられます。 今年はソウルスターリング、アドマイヤミヤビをはじめ牝馬はハイレベルの争い。 アネモネステークスからハイレベル戦線に割って入れる馬が出てくるのか注目です。 人気を集め…

芝・ダート替わりで高配当を狙う時は血統を見よう!ーー事例を含めて解説

「こんな馬は買えないよ!」 「こんなに荒れたら当たらないよ!」 競馬場やWINSで時折耳にする叫び声。 単勝2桁人気の馬が1着になったときに上がる溜息とどよめき。 人気薄が好走する理由は 人気薄の馬が好走した「理由」はさまざまで、例えばーー ◯体調がよ…

中内田充正厩舎ーー2017年の絶好調な厩舎を分析

中内田厩舎は開業4年目の2017年、年明けから「絶好調」なスタートを切り、昨年の31勝を上回るペースで勝ち星を上げています。 2017年3月5日時点での成績 3/5(日)終了時点での成績はーー 12 - 3 - 5 - 17 勝率:.324 連対率:.405 3着内率:.541

ルージュバックの全13戦を解説ーー金鯱賞GⅡ(2017年)の展望として

GⅠ未勝利が不思議なくらいの才女ルージュバックが、2017年の新設GⅠ「大阪杯」の前哨戦としてGⅡ金鯱賞に出走します。 ここでは、ルージュバックの全13戦をプレイバックして解説。 金鯱賞を予想する上での一助になれば幸いです。 ルージュバック(5歳 牝馬) …

ジューヌエコールとレーヌミノルはどちらが1400マイスターなのかーーフィリーズレビュー(2017年)展望

阪神の内回り芝1400mで施行される重賞は、阪急杯、フィリーズレビュー、阪神牝馬S、阪神Cの4レース。 古馬重賞の阪急杯と阪神Cがリピーターレースとして広く知られているように、阪神内回りの芝1400mは適性のある馬が活躍するコースです。

シャルールの中山牝馬Sーー内回りであれば高いパフォーマンスを発揮できる

GⅠ馬ミッキークイーンのベストパフォーマンスはルージュバック、クルミナルと叩きあった15年のGⅠオークス(東京芝2400m)。GⅠ級の能力がある3頭の牝馬が最後の一滴までもてる力を振り絞って叩き合った姿に、馬券とは関係のないところで身体が熱くなりました。 …

サイレントウィットネスのような先行でーーオーシャンS(2017年)回顧

3/4の中山競馬場では1着馬に高松宮記念GⅠの優先出走権が与えられるオーシャンスSGⅢが行われ、1番人気に支持された戸崎騎手が鞍上の5歳牝馬◎メラグラーナが直線で馬場の真ん中を抜け出して快勝しました。 勝ちタイムは1:08.3(33.6 - 34.7)。 1着メラグラーナ…

これほどのスローだと本当の強さは分からないーー弥生賞(2017年)回顧

皐月賞トライアルの弥生賞(GⅢ)が中山競馬場で行われ、1番人気に支持された福永騎手のカデナが4角で大外に膨れながらも直線でストライドを伸ばして1着。 タイムは2:03.2。 db.netkeiba.com

競馬に行きました。 WINSで声を涸らしました。 3/5

今日はメイン以外にも楽しみな馬の出走があるので、いそいそとWINS立川へ。 阪神7R 芝1400m 3歳限定戦 WINSに着いての初戦。 重賞でも好走したクライムメジャーが圧倒的な1番人気。この馬が平場に出てきたらこの人気も当然です。 でもな〜、鞍上がミルコだし…

WIN5(3/5)をずんどば! 小倉が…小倉が…小倉が…難しい…

WIN5を「ずんどば」と当てたいので、張り切って予想を! WIN5(3/5)の対象レース 阪神10R ポラリスS(オープン ダート1400m) 中山10R 上総S(1600万下 ダート1800m) ハンデ 小倉11R 太宰府特別(1000万下 芝1800m) ハンデ 阪神11R 大阪城S(オープン 芝1…

弥生賞(2017年)予想 逃げるのは誰なのか?

GⅠ皐月賞トライアルの弥生賞は本番と同じ舞台で行われます。既にGⅠへの出走が可能な賞金を獲得している馬と、ここで優先出走権を手にしたい馬とが顔を合わせるトライアル。 今年の弥生賞は重賞2勝馬のブレスジャーニーが回避したことで、京都2歳Sの勝馬カデ…

阪神マイルを1:33.2で走破するドイツ娘 チューリップ賞(2017年)回顧

2017年のチューリップ賞はソウルスターリングが5番手から直線で抜け出して、1:33.2の勝利。 父Frankel×母父Monsun(ドイツ血脈)の欧州血統が1分33秒台前半のタイムを楽々とマークしたのですから、脱帽です。 1600mを前後半に分けると、46.8 - 46.4のほぼイー…

オーシャンステークス(2017年)予想 吉田和美氏所有のパワースプリンターに恋して

吉田和美氏の勝負服を見ると、あるいは出走表にその名前を見ると胸がときめくのは恋をしているからでしょうか。 hakusanten.hatenablog.jp 高松宮記念GⅠを展望する馬が揃ったオーシャンステークスGⅢ(中山芝1200m)。 春のスプリントGⅠはビッグアーサー、ダン…

チューリップ賞(2017年)予想 桜花賞とオークスで◎を打ちたい馬に

2017年のクラシック・トライアルがチューリップ賞(1〜3着馬に桜花賞GⅠの優先出走権)で開幕します。 チューリップ賞から東京優駿(ダービー)までの春のクラシックの期間は、普段の週末よりもワクワクしてしまうから不思議なものです。 チューリップ賞は今年の…

弥生賞(2017年)展望 注目馬3頭について

弥生賞GⅡ(中山芝2000m)は3歳牡馬クラシック1冠目の皐月賞トライアル。 クラシックを狙う牡馬の有力どころが集う舞台。 今年はオープン競走を勝っている馬がカデナ(京都2歳S GⅢ)とコマノインパルス(京成杯 GⅢ)の2頭で、オープンで3着以内に入った馬もダ…

「もうスプリンターだから」ーーシュウジの高松宮記念GⅠ

3連単が200万超の配当と大波乱に終わった2017年の阪急杯(GⅢ)。 1〜3着のトーキングドラム、ヒルノデイバロー、そして最低人気だったナガラオリオンも波乱の立役者ですが、単勝1倍台のシュウジが馬券内に入れなかったことも配当が高くなった要因の1つです。 …

1回小倉の芝1200mはまだ外差しが決まりにくい? 2/26日の反省も含めたメモ

2017年の第1回小倉開催は、3/4(土)と5(日)が最終週。 小倉芝1200mは開催が進むと外差しに 夏の小倉の芝レースは高速決着がデフォルトですが、冬はいくらか時計がかかり、開催が進むにつれて外から差しやすい馬場になります。 また、小回り+上り坂のないコー…

吉田和美氏所有の馬を見ると、ついマークシートを塗ってしまうのです メラグラーナとオーシャンステークスGⅢ

2015年の阪神競馬場8レース、3歳500万下芝1400m。 馬主の欄に吉田和美氏の名前と、その馬が7人気という低評価に甘んじているのを見つけ、条件反射的に単勝のマークシートを塗りました。 メラグラーナと名前のついた牝馬は父Fastnet Rock×母父Secret Savings(…

競馬は「きれいに折り合うこと」を競っているわけではないのに… 中山記念(2017年)回顧

田辺騎手は「どうすれば人気馬を負かせるか?」を考えて騎乗するタイプで、1角過ぎでローエングリンが先手を取り切った時に急激にペースを落としました。 「田辺スロー」とも言われる極端に遅いペースに落とせば、折り合いの難しいネオリアリズムやアンビシ…

阪急杯(2017年間)回顧 最内を突っ込むキングカメハメハ産駒

単勝1倍台のシュウジが馬群に沈み、3連単は200万超の高配当になりました。 阪急杯予想 ◎ミッキーラブソング ◯メドウラーク ▲ブラヴィッシモ △ロサギガンティア △ダイシンサンダー △ヒルノデイバロー △ナガラオリオン △テイエムタイホー hakusanten.hatenablo…

阪急杯(2017年)予想 スローで抜け出すキングカメハメハ

阪神の芝1400mはリピーターレースとして有名で、例えば阪神Cの過去の勝ち馬を眺めてもーー 2016年 シュウジ 2015年 ロサギガンティア 2014年 リアルインパクト 2013年 リアルインパクト 2012年 サンカルロ 2011年 サンカルロ 2010年 キンシャサノキセキ 2009…

中山記念(2017年)予想 ミラノとネオリアリズムのどちらが逃げるのか?

アンビシャスとリアルスティールが人気を分け合うGⅡ中山記念。 どちらが勝つか? と同時に「どのように勝つか?」にも注目が集まるレースになりそうです。 中山記念のポイント ポイントは1にも2にも展開です。 アンビシャスは折り合いが難しく、リアルスティ…