読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

福島芝も高速化?ーー福島民放杯(2017年)予想

f:id:hakusanten:20170416105837j:plain

皐月賞の裏開催、福島競馬場のメインレースはハンデ戦の福島民放杯(オープン、芝2000m)がフルゲート16頭で行われます。メンバーを見渡しても目がくらむくらいの大混戦。

WIN5としてはこのレースと皐月賞が鬼門になるのでしょうね。

 

続きを読む

ディープインパクト産駒風味の高速馬場へ!?ーー皐月賞(2017年)予想

f:id:hakusanten:20170415200534j:plain

牡馬クラシックの1冠目GⅠ皐月賞は中山開催の最終週に行われます。春開催の中山は内側の芝の傷みが目立つコンディションがデフォルトでしたが、'14年の路盤改修によって排水性(水はけのよさ)が向上し、馬場が荒れにくくなりました。

路盤改修後に行われた'15と'16年の皐月賞の勝ちタイムを見ても、ペースに左右されることなく(*)1:58.0前後の速い時計になっています。

*Hペースになると全体の時計は速く、スローだと遅くなるのが一般的です

 

続きを読む

ダートの名繁殖の血が騒ぐアンタレスS(2017年)予想ーーグレンツェントを負かすのは?

f:id:hakusanten:20170415014541j:plain

ユニコーンS3着、レパードS1着と昨年の3歳ダート路線の主要な重賞で好走したグレンツェントアンタレスS(GⅢ)に出走します。年明け初戦となった東海S、重賞としてはかなりスローなペースを直線で差し切った脚からも、他馬とは力が違ったという内容での勝利でした。

ハイレベルと呼ばれる明け4歳のダート路線の馬たちは、すでに多くのオープン馬を出しています。GⅠフェブラリーSを制したゴールドドリームとともにこの世代を引っ張ってきたのがグレンツェンで、アンタレスSも人気の中心になるのは間違いないでしょう。

グレンツェントを破る、あるいは脅かす馬がいるのか? それがアンタレスSの見所の一つです。

 

続きを読む

どの馬の捲りがもっとも速いのか?ーー皐月賞(2017年)展望

f:id:hakusanten:20170414222319j:plain

牡馬クラシックの第1冠「皐月賞」は18頭がエントリー。69年ぶりに牝馬による皐月賞制覇を目指すファンディーナ、2歳牡馬チャンピオンのサトノアレス、京都2歳S弥生賞を勝ったカデナ、共同通信杯勝ちのスワーヴリチャードなど重賞勝馬10頭が顔を揃える楽しみな1戦になりました。

 

続きを読む

ディープインパクト産駒は皐月賞が苦手? それとも…皐月賞(2017年)展望

f:id:hakusanten:20170413224807j:plain

皐月賞菊花賞はクラシックのなかでディープインパクト産駒がなかなか勝つことができなかったレースでした。その流れを2016年に打ち破ったのが、皐月賞馬のディーマジェスティ菊花賞馬のサトノダイヤモンド。この2頭の活躍により、ディープインパクト種牡馬として牡馬と牝馬のクラシック完全制覇を達成しました。

 

ディープインパクト産駒は皐月賞菊花賞が苦手?

ディープインパクト産駒はどうして皐月賞菊花賞を勝てなかったのでしょうか?

 

続きを読む